温泉には、その源泉の種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)によってもさまざまな効能があることが知られています。もちろん、更年期(人によって具体的な時期は畭なります)障害にも良いとされている温泉があると思います。更年期(日常生活を送ることすら難しくなるくらいの不定愁訴が起こることも多いでしょう)障害は閉経に伴い女性ホルモン(閉経後には分泌量が減り、更年期障害が起こることも多いです)が減少するため、ホルモンバランスが崩れて起きると言われています。ですので、特定の期間を過ぎれば解消するとも考えられていますが、その期間も人によってさまざまで、何年もひどい症状が続く人もいるそうです。ホルモンバランス(一般的には、女性ホルモンであるエストロゲンとともにプロゲステロンのバランスですね)が崩れることで自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症になってしまいますが、その症状は人によって違います)が正常に機能しなくなるので、体調不良(独特のファッションを好むことが多いようです)に限らず精神的に不安定になることも知られています。サプリメント(体に何らかの問題がある方、または、医薬品を服用している方は飲むことのできないものもあります)や薬を飲んでも、人によって改善度合いには大きな違いがあるのです。そのために、女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)同士でも比較的症状が軽い人には症状が重い人が理解出来ずに、「甘えている」と思われがちなところがあるはずです。そんな更年期障害に良いと言われているのが、硫黄泉・放射能泉(ラジウム泉)・食塩泉です。源泉の種類によって効能には差があるみたいなので、温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)ならなんでも同じと言った訳ではありません。更年期障害の温泉(日本では、地中から湧き出た温水や鉱水が、25℃以上の温度があるか、特定の成分を規定値以上含んでいることをいいます)療法は、1日二回、15分から20分程度の入浴(日本人は比較的高い温度のお湯に浸かることを好むようですが、あまり高い温度のお湯に浸かると、心臓に負担をかけてしまいます)を出来れば2週間以上続けるのが望ましいと言われています。もともと温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)の湯治は最低2週間程度は必要といわれていて、これは更年期(日本産科婦人科学会の定義によると、閉経の前後五年間をいいます)障害の温泉(日本では、地中から湧き出た温水や鉱水が、25℃以上の温度があるか、特定の成分を規定値以上含んでいることをいいます)療法に限られた事ではないのです。週末にちょっと温泉(循環式と掛け流しがありますが、やはり、掛け流しが人気ですね)旅行しただけでは、気休め程度だと思った人が良いでしょう。湯治に出掛けるのは一般人にはなかなか簡単な事ではありませんが、同じような効能を持つ入浴(最近では、全身ではなく、下半身だけ浸かる半身浴も流行していますね)剤を使うのもいいですねー